読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春にはその暖かさも

最近個人的に注目してるインディーズバンド、the whoopsより一曲『衛星』です。

 

https://youtu.be/IdNI5lUeV2s

 

こういうのを待ってました。

バリバリのデジタル処理。年々増す音圧勝負。無駄に高画質なPV。イントロピロピロギターロック。四つ打ちダンスビート。昨今、こんなバンドが多く、何だかなぁと思ってたところで出会いました。the whoops。埼玉県出身。

ノスタルジックな気分にさせてくれる曲で、19歳という大人と子供の境目だからこそ感じてしまうものがあります。

3ピースでありながらもアレンジがとても上手く、この曲は6分ありますが全く飽きさせません。

去年、全国流通盤を発売したようで、まだまだ可能性を秘めたバンドです。

 

グレーのシャツ

女子の好きな動作第4位は「服の上からブラの位置を修正する」です。もひすです。

 

話は突然ですが僕は元々ファッションが好きで、あれこれと服を買っては着て満足してるんですが、最近ちょっとめんどくさくなってきましてね。

冬とか秋は特にどう上手く重ね着するかがポイントとなると思うんですよ。

そんなわけででしてね、毎日やっぱりコーデを考える時間ができてしまうんです。

でも何かそれがめんどくさくなってきましてね。もう毎日同じ種類のシャツを着ようかなぁ。とか考え始めました。

もちろん何着も同じのを買ってそれを着回していくんです。

僕はグレーが好きなんでユニクロでグレーのシャツを5枚ほど買ってそれで一週間一ヶ月と過ごしてみたいなっていう。

パンツも黒のやつを毎日。

靴も黒の革靴を毎日。

しっかりしたコートを毎日。

夏はいいかな。別に重ね着はしないし、冬に比べて服にお金かかんないし。朝も、適当にパンツとシャツをパパって取ったらそれで終わりだし。

その代わり、革靴やコートにはお金をかけていいものを着る的な。

 

ファッションに金かけるのではなく、その金で身体鍛えて、シャツをカッコよく着こなすってのはどうでしょうか。

でもそれって最終的な出費とか、コーデ考えてる時間が減ったとしても筋トレに時間が増えたらなんか元も子もない気もしますが、、、

 

洋服のミニマリズム、検討中です。

 

黒髪死にゆく季節到来告げて

 

別に今後何か関わりがあるわけじゃない。

いや、もうほぼ、ほぼほぼ、もっとだな。ほぼほぼほぼほぼほぼぼぼぼ、関わることはない。

向こうからすれば、ワタシが何しようがアンタには関係ないし。その逆もまた然り。可逆的にもう人生に影響を与えることはない。

というかあなた方とはまともに話したことがない。

 

話したことはないんだけど、あなた方の髪の色が明るくなるとなんか喪失感を感じでしまう。

 

いや、あなた方だけじゃない。

大学で会う髪の明るい女子のほとんどに対してだ。初対面の子にも、もっと言うと対面したわけでなくてもだ。視界に入っただけでだ。

だけで虚しくなる。ひとり勝手に。

 

勘違いしていただきたくない。ここまでの文書で「染めるな」という旨の記述はしてないしそんなつもりは毛頭ない。

あなたは飼ってた犬が死んだ時に犬を責めないでしょう。それと同じだ。同じだよ。同じだ。それと一緒で別に悪いことじゃない。もはや自然の摂理だ。ど定番だ。

 

これは僕の問題だ。正直叫びそうになる。

 

駅で久々に会った友人が化粧が上手くなってて、オシャレになってて、そして茶髪で。

綺麗なお姉さんだ。でも僕の知ってる◯◯さんじゃない。いや、それで良いんだよ。◯◯さんであることを無理強いするわけじゃない。もうそうあるべきじゃない。「◯◯さん」の季節は終わったんだ。終わったんだけど、もう知らない人みたいだ。◯◯さんじゃなくていい。そんなの誰だっていい。

僕の知り合いから◯◯さんが抜け落ちたように思えた。

別に悪いことじゃないんだ。これは僕の問題だ。

 

またそんな季節になる。黒髪死にゆく季節になる。恐ろしいことです。

 

見たいときに見りゃいい

ブログをまた始めました。

 

どうせ毎日書くとか言っても続かないし、というかそんなに毎日のように何か特別な事が起こるわけでもないんで、ブログというようエッセイ的なものをたまーに書いてこうかなと思います。

 

エッセイ?ブログじゃなくて?

 

ブログだとしたら例えば「今日はピザ作ってみました!」なんて事を書くとするじゃないですか。僕が。

でも一体誰が見るんですかそれ。

名前も知らない誰かさんがぴっづぁ作ったところで人はそんなことには興味ないしツイッターかインスタでやれって話だなと思ったんで。誰が言うかが重要じゃないですか、あれって。

 

そんでもってツイッターなんて好きなこと呟けばいいとは思うんですが、やっぱり何でもかんでも好き勝手に呟くわけにもいかないんです。そんなルールがあるわけじゃないけど個人的にそう思うんです。

一応求められてるものがあるとは思うんです。

「あなたのこういうツイートが見たい」「あなたにはこういうツイートをしてほしい」

っていう。

そこから外れちゃうと幅数センチの邪魔な文字列になっちゃうもんで、困ったもんです。

ツイッターは相互コミュニケーションの面が強いんですが正直言って友人のツイート見るのそんな好きじゃないんで。女子とかは特に。絵文字がキツすぎる。😇←こういうの。表示されっかな。

 

ここは僕の国なんで好き勝手にできるわけです。見たくなけりゃ見なけりゃいい。見たいときに見りゃいい。

 

好きな音楽とか読んだ本とか撮った写真とか、あと作曲を習ってるんで作曲についてとか、まぁテーマは特にこだわらずに書いていきます。

 

見たいときに見りゃいいんです。