読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日曜日

 

 

Eureka - Jim O'Rourke │ Eureka

 

時々大きな波となって僕を襲うんです。

巨大な無気力感。完全に飲まれてしまいました。

やらなきゃいけないこと、やるべきこと、いっぱいあります。

いっぱいあるだけです。そこにあるだけです。

洗濯物は1週間以上溜まりました。明日着るシャツがありません。

椅子の上に乗ったカップ麺のゴミ。床にはなんか名前忘れましたけど瞬間お湯沸かし器だっけ、もうちょっとスマートな名前があったはず。それが転がってます。

ICカードがどっかに消えました。探さないといけません。明日タイムカードまた手動でやらないといけない。

IHの上に乗っかったフライパン。いつ使ったっけこのフライパン。何日も連続で使って、そんで放置してる。

僕の位置から外に干されてる洗濯物が見えます。1週間以上前に干された洗濯物。必要になったら取り込んでます。

脱ぎ散らかしたヒートテック。ピザ屋の広告。GUのジーンズ。洗い物。サークルの作品展に展示する写真。数日後の帰省のこと。上手くならないギター。わかないやる気。明日もバイトがある。明後日は作曲レッスンがある。続かなかった日記帳。全財産3000円。理想と現実の乖離。言い訳。ネットに繋がるipad。23:34。一昨日から付けっ放しな暖房。更新されないツイッターとキニ速とnumber girlの透明少女を行き来する。また無駄にした22時。三ヶ月ぐらい時が止まってほしい。あっち行ってて欲しい。

準備万端にはならない。どんな自己啓発本の言葉も響かない。言葉だけでなんか変わる訳じゃない。変わらない。黙ってて欲しい。明日も電車に乗ってバイト先へ行く。rickenbackerが手に入ったら始まるんじゃない。俺がもう終わってんだ。