読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大好きに生きる

日常と活動のログ・プロット

(雑文)改札の外

(気分でこんなの書きたくなりました。である調です。) 

 

 

f:id:mohis:20170422190935j:image

 

大音量のロックミュージックか

若干締め付けの強いヘッドフォンか

昼に飲んだ三ツ矢サイダー

タブレットの凝視か

それともこのむさ苦しい満員電車か。

 

かなり気分が悪い。

吐きそうだ。

 

なんとなく車内の酸素が薄い気がする。

お願いだから目の前の主婦たちはこれ以上無駄に二酸化炭素を増やさないでほしい。

 

あーダメだ。ダメダメ。もう降りよう。次の駅特急止まるし。

 

こういう時ってなんかすごく駅間が長く感じる。普段気にしなかっただけか。

 

そうしてお目当ての駅に到着した時、吸い込まれたんじゃないかと思うぐらい素早くヌッと出てきた。

 

ヌッと出て来てまた目の前のベンチにヌッと吸い込まれた。

 

こんなにも外の空気って澄んでいたのか...。たくさん吸い込んでベンチに座ってしばらく本を読んでいたら電車が来た。快速。スルー。

 

また来た。準特急。やったぜ。

 

乗ろうとする。降りる人と入れ替わりでのrだぁぁ吐きそう、ダメだ、戻ろう戻ろう。

 

 

もういっそのことトイレでぶちまけて来ようかな。

と改札階に降りた時、改札の外にパン屋が見えた。

というか見えるまでもなく、階段を降りる段階から。階段を降りる段階からなんとなく感づいていた。

 

食べてぇ。パン食べてぇ。

 

その誘惑はトイレの中にさえ充満していて、戻すどころか入れてしまいたかった。

 

でもパン屋は改札の外。

 

一旦改札を出てしまえばこの切符は無駄に...。

 

でもあのパンを食べれば回復する気がするんだよなぁ...。

 

パン食べたい。パンを食べたい。パンを食べたい。

でも切符...。パン....。切符...。パン...。kippu...。

 

 

...。