月曜日からButcher

ブログを通して成長するわけでもなく、起業するわけでもなく、自己啓発をするわけでもない。ただの、たーどぁーの19才♂大学生のブログ。

怒り

 

今僕は怒りに震えている。

 

まず僕は午後の紅茶を飲むと腹を下すらしい。

自分の弱点に気づいてなんとなく得した気分になると同時に、まだあと800mlはある午後の紅茶を見て絶望する。

 

と、まぁこれは怒りではない。本当の怒りはここからだ。

 

 

 

 

昨日、部屋の模様替えをして家具の配置を変えた。

その中で、CDプレーヤーとアンプは入り口近くの壁に配属が決定した。

 

今日届いたミスチルの「home」を聴こうとCDを入れ替える。

と、たまたま「sense」がセットされていたので、「365日」が聴きたくてそのまま再生した。

 

左を向くと部屋の照明のスイッチがすぐそばにあったため、ちょっと消してみた。

そんでもって入り口のドアに背をもたげて膝を抱えて座る。

 

開けっ放しのカーテン。窓から覗く風景。

見えるのは所詮学生寮の隣の棟と桜の木だったけど

 

あ、これいい

 

と思った。習慣にしようかなとさえ考えるほどだった。

 

そのままフジファブリックのシングル「赤黄色の金木犀」に入れ替えてカップリングの「虫の祭り」まで聴き終わった頃には気分は最高潮。

 

よし、寝支度を全て済ませてJim O'rourkeの「eureka」フルで聴こう!と嬉々として歯を磨いた。

 

っで〜、座椅子とかもあればいいなぁ、とか考えながら部屋に戻る。

積みCDの中からeurekaを取り出す。

何かの拍子に太ももを触る。

 

べたっとした感触。

 

 

おもむろにズボンを脱ぐ。

虫関連は嫌だなと裏返す。

 

 

 

 

 

 

ガム

 

それは紛れもなくガム。

緑色の、道路にたまに落ちてるやつ。時間が経てば黒くなるやつ。

 

確かに僕もガムは噛むけど、何週間も前に切らしてるし、第一あれは食った後は白色だ。

 

鳥が運んで来た?いや口ばしから取れないだろう。

 

これは推測に過ぎないけど、うちの学生寮には洗濯室があり、そこにずらっと並んだ洗濯機で洗濯をする。

考えたくはないが、寮生が洗濯機の中に吐き捨てた.....?

 

いやそれは知能指数低過ぎないか...?

 

とか考えながら必死に太ももを消毒シートでゴシゴシ。

太もものは取れたけど、服についたのはどうしようもなかった。

 

時間はすでに1時半。eurekaを聴こうと思い立ってもう30分は経っていた。

もう寝なくちゃいけない。こんな事で時間を取られた。

 

やり場のない怒り。ここにぶつけておいた。

 

(たまにはである体で書いてみたかったんです。)